NPO 在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク 全国の集い in 鹿児島 2016は、『ご近所』が主役 おひとりさまも人生100年「きばいやんせ!!」
平成28年9月18日(日)・19日(月・祝)
かごしま県民交流センター

実践交流会2 訪問サービス&通所サービス

 

2.訪問サービス&通所サービス

座長 岡崎 和佳子 有限会社 菜の花
   新  智哉  介護老人保健施設 ラポール吉井

キーワード 在宅生活の継続、訪問と通所サービスの連携、法改正での軽度者へのサービスの実践や課題
      介護保険サービスの卒業・受け手から担い手へ、地域包括ケアの取り組み

趣   旨
介護が必要となった時、在宅で生活を継続するためには、「訪問サービス」「通所サービス」は最も必要とされるサービスです。介護保険制度が始まって以来、現場のケアでは試行錯誤を重ねながらも、様々な工夫がされて来ました。このカテゴリーでは、現場の実践の中から得られたもの、成功事例や困難事例、悩みや課題等を報告していただきたいと思います。「介護保険制度の変遷」に振り回されがちではありますが、ケアの本質について語り合い、全国のケア職と共有し今後の援助のヒントが得られたらと思います。
みなさまのエントリーをお待ちしています!
現場の仲間が元気になれる事を願って。

No 発表者氏名 所属先 職種 演題名
01 阿部 日向子 医療法人社団 いでした内科・神経内科クリニック 社会福祉士 通所リハビリテーションにおける書類整理の効率化
【目的】通所リハビリテーションでサービスを提供する上で、必要書類の整理は重要である。当院では大規 模の通所リハビリテーションを行っており、書類業務に多くの時間がかかっていた。そのため、書類の整 理に追われ、サービスの質の向上に十分な時間を割くことが困難であった。このような状況を改善するた めに、書類整理に関する業務の改善に取り組んだ。【対象と方法】対象:利用者約300人方法:書類業務 について問題点を挙げて、以下の4点を中心に改善を行った。 1.業務の順番を入れ替え、重複していたチェック作業などの無駄を無くした。2.必要書類をわかりや すく整理するための、管理票を作成した。3.職員全員が同じ方法で書類作成ができるように、標準作業 手順書を作成した。4.必要書類を実際のサービスにどのように活用していくか、検討した。今回は、通 所リハビリテーションにおける書類整理の効率化への取り組みと、今後の課題について発表する。
02 金子 隆司 社会福祉法人 幸済会 高齢者グループホーム 三幸の園 管理者 共用型デイサービス現状と課題
 三幸の園では、平成26年12月からグループホームの共用スペースを使った共用型デイサービスを行っ ている。利用単位が通常のデイサービスより低い事から、対象の利用者からは大変ご好評を頂いているが ケアマネージャーや地域包括のサービスに対しての認知度はまだまだ低い現状がある。  神奈川県に登録してあるグループホーム710件中共用型デイサービスを行っている事業所は23件に過 ぎない。(平成28年3月31日現在)少ない理由としては人員の問題や運営上の問題等様々な事が上げられ る。今回三幸の園では、共用型デイサービスの実際の実施状況・家族やケアマネージャーからの声・共用 型デイサービスにおける今後の課題を報告する。
03 河野 光男 社会福祉法人 青藍会 ハートホーム南山口 デイサービスセンター 介護福祉士 歩行特化デイサービスの改善事例
【はじめに】ハートホーム南山口デイサービスセンターは平成27年8月より「歩行」に特化したサービスを開 始した。【取り組んだ課題】利用開始前のアセスメントで現在の状況、課題、目標を細かく設定。毎月測定 を行いリハビリの状況を動画で記録。【具体的な取り組み】利用者A様(要支援2・女性・87歳・右大腿骨 頚部骨折・右脳梗塞・腰痛症)に対しアセスメントを実施。A様と一緒にプログラムを作成。体力測定や歩 行姿勢の撮影を定期的に実施。【成果と評価】リハビリ実施前では10m歩行 13.8秒、30秒間立ち上がり 8回(途中中止)、1回平均歩行距離125mであった。リハビリ実施後10m歩行11.4秒、30秒間立ち上が り15回、1回平均歩行距離300mと改善。【おわりに】「歩かないでください」など利用者様が出来ることを 奪っていたのは私たちの方かも知れない。転倒するのが怖いから歩かせないのではなく、転倒しないよう に歩かせることが重要であると考える。
04 岡村 優莉花 医療法人社団 いでした内科・神経内科クリニック 介護職員 通所リハビリテーションにおける腹式呼吸併用レッドコード・エクササイズの効果について
【目的】腹式呼吸による自律神経のバランス向上と、レッドコード・エクササイズによる下肢の筋力向上と バランス能力向上を合わせた運動を行っている。当院の通所リハビリテーション利用者に対して、腹式呼 吸をしながらレッドコードを用いた運動(以下、腹式呼吸併用レッドコード・エクササイズ)を実施し、転 倒予防対策を行っている。腹式呼吸併用レッドコード・エクササイズが転倒予防に有効かどうかを検討す る【対象と方法】要支援1・2の通所リハビリテーションの利用者100人に、転倒予防を目的とした腹式呼 吸併用レッドコード・エクササイズを実施し、開始後3カ月後までの3カ月間の転倒件数と開始後4カ月 目から6カ月後までの3カ月間の転倒件数を比較した【結果】腹式呼吸併用レッドコード・エクササイズ開 始後3カ月後までの、3カ月間の転倒は、利用者100人中18件であった。開始後4カ月目から6カ月後 までの3カ月間は、10件であり、転倒件数は8件減少した。
05 松田 真奈美 医療法人社団 いでした内科・神経内科クリニック 認定心理士 ヨーガと笑いヨーガの効果について
【目的】デイサービス『きずな』では、利用者が在宅生活を続けていくため、楽しみながら、体を動かし、心 身の健康促進を目指す取り組みとして、2015年6月より、ヨーガと笑いヨーガを、実施している。 【方法】デイサービス『きずな』に参加されているお客さま32人に対して、高齢者向けのヨーガと笑いヨーガ を実施している。笑いヨーガの有酸素運動だけでなく、ヨーガのゆったりした動作や、リズム体操を変化 をつけながら実施している。最後に瞑想をとり入れ、静かに反省したり夢などを考えてもらっている。ヨー ガと笑いヨーガ導入前後の、利用者自身が感じた変化、利用者の他覚的変化、日常生活上の変化などにつ いて報告する。
06 川畑 勝 社会福祉法人 野の花会 夢のみずうみ村 アルテンハイムデイサービスセンター 理学療法士 主体的な活動を促す夢のみずうみ村の取り組み~高齢者の絵画活動の効果と一考察~
【目的】当施設では、ご自身で1日に行う予定を立てる自己選択・自己決定方式、施設内で利用できる通貨 (YUME)の使用など、主体的な生活を促進するための多種多様な取り組みを行っている。今回、通所介護 の取り組みとして新たに芸術活動を導入した。【方法】課題はぬり絵・描写を行い、導入期は、課題をスタッ フが配布し、必要な画材の準備等を行った。1ヶ月経過後から課題・画材の配置箇所を固定、自発的に実 施して頂き、2ヶ月目から、課題をYUMEで販売するという方法で行った。 【結論】アートセラピーは手指・視覚・脳の感覚を刺激することにより五感の活性化のほか、趣味の一つと なり自発的な活動に繋がるとされている。今回、芸術活動を導入した結果、21%が自発的な活動として行 うようになった。また、一部の対象者の中には注意力の向上等、高次脳機能が賦活されたことが示唆され る結果で出た。
07 小持留 智浩 社会福祉法人紘徳会 デイサービスセンターみどりの園 介護福祉士 選べるデイ・アクティビティの取り組み~集団レクから、選べるレクへ~
 従来のデイサービスの在り方は、集団での入浴・アクティビティなどが基本となっており、毎日同じこ との繰り返しによる意欲低下・廃用など、様々な問題が重要視されている。いかに利用者様の声に耳を傾け、 個人の尊厳や意思に配慮したサービスを提供できるか考え、選べるデイサービスを展開した。  まずアンケート調査を実施し、その結果をもとに、ご自分で選択できるようアクティビティのグループ 化を図った。(【1】歌唱グループ【2】創作グループ【3】運動グループ)活動の成果として、自ら選択できる アクティビティとなったことで、利用者様の意欲の向上や笑顔に繋がり、デイサービスへまた来たいとい う声をたくさん頂けるようになった。今後の課題として、利用者様にとって効果的なグループ活動を行っ ていけるよう、新しいメニューの開発など常に改善し続けなければならない。今後も選ばれるデイサービ スを目指して努力していきたい。
08 和田 康一 デイサービスセンター おらんくの縁側 管理者 軽度利用者の課題に対する取組み・実践例~デイスタッフの汗と涙の対応の軌跡~
 当デイサービスは、H23年に開設し、以降様々なご利用者様の対応を行ってきました。現在は比較的介 護度が軽度な方のご利用が多い状況です。 ご利用者の利用開始時から関わりを持ち生活状況を把握してい く過程(アセスメントやモニタリング)において、自立度が高い方ならではの課題や問題がみつかることが よくあります。そしてそれらが利用の継続を困難にさせているケースや、在宅生活の継続に対しても多大 な影響を与えているケースも少なくありません。身体介護の必要な場面は少ないですが、対応の難しさを 感じることが多々あります。  在宅生活を継続させるためにデイサービスとしてどのように関わることができるのか。実践したいろい ろなアプローチをもとに、デイサービスとして必要な目線と自立支援の達成までの過程やその後の課題を 発表させていただきます。
09 伊藤 京香 特定医療法人フェニックス デイサービスCom.Do2 健康運動実践指導者 すべての人に居場所と出番をつくる~通所サービスのさらなる進化を求めて~
 私どもフェニックスグループは、9つの通所サービスがあり、各事業所の特色を活かし多職種連携と自 立支援をコンセプトとして運営されている。その為、介護予防デイサービスであるCom.Do、Com.Do 2、Com.Do那加、Com.Do DANKEの総利用者数の6割を要支援者が占めており、地域支援総合事業 移行にあたり大打撃を受けることは明確である。  しかし、それをチャンスと受け止め、国・地域が示す「活動と参加」「担い手・役割の創出」に焦点を当て 取り組みを行なっており、Com.Do 2の利用者様において実際に利用者様からボランティアに移行した 事例も含め報告をする。
10 矢冨 みづほ 医療法人社団 いでした内科・神経内科クリニック 認定心理士 デイケア職員との連絡ノートのやりとりが主介護者に与える影響
 デイケア職員と、利用者の家族が最も関わることができるのは、連絡ノートのやりとりである。連絡ノー トは、利用者のデイケアでの様子を記入したり、家族からの質問に答えるツールとして活用している。そ れに+αとして、家族に対する介護の励ましや、利用者がデイケア職員に、ぽろっと話してくださる家族 への感謝の思いを記入することで、家族の介護のやりがいなどに、変化がでてくるのかを検討し、報告する。 ○対象者 :Aさまの主介護者(長女)(Aさま 重度認知症患者デイケア利用者 88歳女性 要介護3) ○実施期間:2016年5月〜8月 ○ 方法:Aさまに、家族に対する思いについて聞き取りを行う。その様子を連絡ノートに記入し、家族へお 伝えする。実施前後(5月・8月)に家族へ質問紙(主介護者の性別・年齢・続柄、介護や被介護者に対す る質問6問)を配布し、回答してもらう。
11 呉屋 政佳 医療法人あいち診療会 のなみデイケア 作業療法士 同じ在宅? 訪問と通所!~「デイケア」ご自宅での生活との繋がりについて~
 現在、病院に入院できる期間は限られている。しかし、その入院期間を終え、ご自宅で満足に生活を送られて いる方はどれくらいいるだろうか。特に、脳血管疾患を患い、片麻痺や失語症等の高次脳機能障害を呈した方々 の場合、目に見えて「できなくなったこと」に対する受容やストレス、またご家族様の介護負担や不安は決して軽 いものとは言えない。その一方で、日々の生活の中や関わりによって「できないと思っていること」も少なくない。  通所系サービスについて議論されるとき利用者のご家族様への支援も重要とされているものの、実際には行き 届いていない現状があるように思われる。  退院後の生活を支援していく在宅ケアの一つである「デイケア」とはどのようにあるべきなのか。そこで働く、 セラピストやケアスタッフはどのように関わっていくべきか。今回は、これらについて考察し一症例を通して報 告する。
12 竹村 真一 医療法人啓友会 介護老人保健施設洛西けいゆうの里   老健退所後の独居生活維持の支援 ~R4システムを活用して~
【はじめに】当施設ではH27年4月より、R 4システムを導入し、多職種でケアマネジメントに取り組んでいる。【事例紹介】 京都市内で独居の80代女性の在宅生活について。H27年10月自宅で転倒し、右大腿骨頸部骨折となる。入院し手術後、 H28年1月より当施設にリハビリ目的での入所となる。入所当時は転倒リスクも高く車椅子にて移動されていたが、徐々 にADL向上し見守りでの歩行器歩行となる。入所中は体操や集団レクに意欲的に参加され、入浴準備等出来る事はご自 分でされていた。本人の意向を尊重しH28年5月9日に退所され、在宅復帰。12日より当施設デイケア利用開始となる。 独居のため、ご自分で何でもしてしまおうとされ再転倒の危険は高いが、福祉用具レンタルによる自宅での環境設定を 行い、デイケアでの入浴機会の確保や、訪問介護サービスを利用し、現在安定した在宅生活を継続中である。家族も日々 の洗濯の手伝いや、買い物や通院時の付き添い等の協力をして下さっている。入所前から現在のデイケア利用に至るま でR 4システムを活用し、多職種で情報共有しサービスの質の向上に繋げている。今回はその取組について報告をする。
13 吉水 あけみ 社会福祉法人紘徳会 訪問介護事業所 みどりの園 サービス提供責任者 老老介護を支えるヘルパーの役割~夫婦二人でいつまでも暮らしたい~
 高齢者が高齢者の介護を行う「老老介護」。"妻が夫の介護"を、"息子が母の介護"をといった様々なケース がある中、「老老介護」が増加傾向にある。そんな中、「在宅で生活したい」と願う妻(88歳、要介護4)を、夫 (91歳)が介護者として家で看ると決意し、11年間「老老介護」を続けてきた事例を通し、家族、ヘルパー、 各種サービス、医療とがいかに連携を図り、夫婦二人きりの「在宅生活」を支えて来たのか、どのようにヘ ルパーとして支援を行っていけば良いかについて検討した。  ヘルパー利用者である妻を支えるためには、高齢であるご主人と密に連携を図ることが重要である。ま た、妻を支える高齢なご主人の精神的な安心だけでなく、良好な健康状態にも繋がるような医療との連携 にも配慮していかなければならない。ご夫婦共に心身のリフレッシュに繋がるような機会を提供すること も「老老介護」を支えるヘルパーとしての重要な役割であると考える。
14 今村 太泉 医療法人坂梨ハート会 さかなしハートクリニック 在宅医療部 理学療法士 H28熊本地震被災の経験から-介護サービス提供困難時に際して、訪問リハビリの取り組み-
 4/16(土)熊本地震は未曽有の大震災となり、当院がある阿蘇市においても主要交通網(阿蘇の玄関口) が崩落、ライフラインが停止して医療(透析)・介護サービス提供が一時混乱したが、当院は幸い全国から の支援を受け4/18(月)には通常診療可能となり、避難所(6ヶ所)への訪問リハも継続した。  さてA氏(男性・60代・要介護4:脳挫傷による四肢不全麻痺・前頭側頭型認知症)は通常の介護サービ ス等は月〜土曜日(通所リハビリ・介護等)フルに利用、訪問リハビリは1回/週利用していたケースであっ たが、地震直後は被災の影響で訪問リハビリ以外のサービス提供が一時困難となった。A氏には地震の記憶 は無いが(短期記憶障害)、日頃から被害妄想出現して不穏の訴えが強い為自宅での避難生活が余儀なくさ れ、家族はA氏の不穏状態の悪化を心配、この緊急事態に現状で利用可能な訪問リハビリを3回/週追加を 提案、その経過について報告する。