入会のご案内

『NPO 在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク』は、任意団体として1995年9月の東京での結成大会以来活動を続けてきました。

 

高齢社会の到来と障害者との共生の時代を迎え、2000年には介護保険が導入されました。しかし現実には多くの国民が在宅死を望んでも、それが可能な人の数は限られています。

 

在宅ケアに関っている私たちは、病院から家に帰って生き生きした表情を取り戻す高齢者が沢山いることを知っています。同時に、介護保険の導入にもかかわらず、在宅ケアが介護者に多くの負担をかけることも見てきました。

 

高度医療の発展を担ってきた病院が、いつしか患者の生活を直視することができなくなった今こそ、生活の場に密着した診療所がその役割を果たすべき時ですが、必ずしも診療所の多くがそれを担いきれるわけではありません。私たちは診療所が患者の立場にたって在宅ケアに取り組み、患者さんと家族を支えることで、信頼を回復し、病院医療にも患者の生活を優先する流れを持ち込めるものと確信しています。

 

『在宅ケアを支える診療所全国ネットワーク』は、限定的な理念や目標で統一されたものでなく、『在宅ケアを支える』という一点でつながり、それぞれの個性や違いを認めながら、在宅医療を推進できる環境の整備と診療所医療に対する信頼の回復を目標として活動をすすめてきました。そして2002年9月、診療所をキーとしながらも、当事者・市民との連携共同をめざし、NPO法人化しました。

 

診療所を中心として在宅ケアに関わる全ての職種や当事者の方々が「ネットワーク」することによって、お互いを賦活しあい、それぞれの夢を膨らませ、困難を乗り切っていこうではありませんか。みなさんの入会と様々な活動への参加をお待ちしています。

 

現代は医療を医療者にお任せにする時代ではなく、自分の体は自分で守る時代です。このネットワークは診療所をキイワードにはしていますが、どなたにも開放されたネットワークです。利用者の立場で信頼できる診療所を育てるためにもぜひご参加ください。